日本アドラー心理学会

Japanese Society of Adlerian Psychology

大竹優子氏の回答(Yuko OTAKE, M.D.)

質問1「アドラー心理学を知らない人に一言で説明するとすれば?」
(Q1: How do you explain about Adlerian Psychology in few sentences for the people who are not familiar to it?)

人と争うのではなくて、助け合って暮らしていくこと。そのために、自分にできることをすること。それが、人として幸せに生きるということ。

First, It teaches to live co-operatively without struggling with other people. Second, it teaches each person should do what he/she can do for co-operation. Third, it teaches that co-operative life is the way to get happiness as a human-being.

質問2「アドラー心理学を学んでよかったことはなんですか?」
(Q2: How did your life change in learning Adlerian Psychology?)

争いのない平和な世の中を作るために、自分にも具体的に実際にできることがある、としっかりと確信が持てるようになりました。たった今の自分の行動一つからそれができるのは、素晴らしいことだと思っています。

Having learned Adlerian Psychology, I have firm confidence that I have something I can do to construct the peaceful world without struggling. It is marvelous that I have always something I can do for the purpose.

質問3「アドラー心理学を専門家と非専門家が一緒に学ぶことについての考えは?」
(Q3: What is your opinion about professionals and lay people learning Adlerian Psychology together?)

専門家と非専門家が一緒に学ぶことは、アドラー心理学の特徴だと思います。アルフレッド・アドラー自身はそのようにして「個人心理学」を広めていきました。これは、アドラー心理学が単に、医療・援助職、教育職などといった専門家のための専門的知識なのではなく、すべての人間関係のありかたや人間の生きかたそのものにつながる「人間知の心理学」なのだということをよく現していると思います。私はアドラー心理学のこの点が、とても好きです。

It is a specific character of Adlerian Psychology that professionals and non professionals learn together. This shows very well that it is not a special knowledge for specialists of medical, caring or educational areas. Rather, it signifies that it is a "Meschenkenntnis" (human-knowledge) which relates various areas of human relationship. I love this aspect of Adlerian Psychology very much.

Page Top ▲