日本アドラー心理学会

Japanese Society of Adlerian Psychology

イヴォンヌ・シューラー氏の回答(Yvonne SHÜRER, Psychologist FH, Psychotherapist IFP)

質問1「アドラー心理学を知らない人に一言で説明するとすれば?」
(Q1: How do you explain about Adlerian Psychology in few sentences for the people who are not familiar to it?)

アドラー心理学は、個人を、環境を主体的に操作する社会的存在として理解します。子ども時代に、自分が自由にできる範囲内での材料を使いながら、自分が社会の中で価値のある存在であるような安全な場所を手に入れることを目的に、私的なナビゲーション・システムを作り上げます。個人が他の人と平等だと感じておれば、共同体感覚が育ち、グループや社会のために役に立つ方向に材料が使われます。劣等に感じていると、他者に貢献することを忘れて、他者の上に立つためにあらゆることをしようとするようになります。このようなマイナスからプラスへの目標追求は誰にでもあるのですが、劣等感が強すぎる場合には、優越目標は不健全なものになり自己中心的になって、その人自身にも周囲の人にもさまざまの問題を引き起こします。アドラー心理学による治療では、クライエントが自分自身の価値観に気づき、自分自身の資源を自分自身と他者のために有益に使えるように援助します。

Adlerian Psychology understands individuals to be social beings, who deal creatively with their environment. In childhood, and using the resources at their disposal, each individual develops a personal navigation system, with the aim of securing a valuable place in society. When an individual feels equal among others, their innate social feeling, or Gemeinschaftsgefühl, is emphazised, and resources are activated to improve the standing of the group, or of society. As soon as an individual feels inferior, they forget about benefitting others and try with all available means to rise above them. This striving from minus to plus is innate in all of us, but when an individual's feeling of inferiority is prevalent, the goal of superiority can become insanely self-centred, causing many difficulties for the individual and for others. Adlerian therapy therefore consists of helping the client understand their value, and activating their resources for the benefit of themselves and others.

質問2「アドラー心理学を学んでよかったことはなんですか?」
(Q2: How did your life change in learning Adlerian Psychology?)

私はいきなり自分はなにが間違っていたかがわかったのです。私はとてつもなく勇気づけられ、その結果、勇気のある人に変わりました。

I suddenly understood what had gone wrong in my life. I was tremendously encouraged and as a result became a more encouraging person.

質問3「アドラー心理学を専門家と非専門家が一緒に学ぶことについての考えは?」
(Q3: What is your opinion about professionals and lay people learning Adlerian Psychology together?)

お互いからたくさんのことを学ぶことができます。アドラーはエリートのグループだけに教えるのを避け、非専門家が専門家に混じることを許容しました。彼の主な目的は人類を助けるために彼の理論を広めることだったのです。

They can learn a lot from each other. Adler avoided teaching elitist groups and allowed lay people to join the professionals. His main goal was to spread his psychology in order to help mankind.

Page Top ▲