新生活

新しい職場への通勤がスタート。 
最初の2日間を過ごし、明日からお休みなので、ほっとひと息な私です。 

夏場でも、7時頃には自宅を出発しないと出勤時間に間に合いそうになく、片道45分ほどかかるので、「毎日通うのはやっぱり大変だよなぁ」と感じています。 
(冬は確実に6時台に出発になるなぁ・・・) 

まだまだ慣れない環境ですし、体と頭は疲れているのですが、心はけっこう元気です。 

前任校から校長先生と一緒に異動だし、 
以前も同職して仲良くしてもらった(しかも、パセージも受講したことのある)Aさんとまた一緒だし、 
「よかったなぁ」と思いながら新任校に行ってみたら、なんと、他にも知っている人たちが! 
前々任校でご一緒した先生方が3人。
以前いた学校でわりと深くかかわった数人の子どもたちも転校して新任校に。 
お友達のお子さんも何人か。 

そんな「知っている人たち」が、大人も子どもも、にこにことあたたかい雰囲気で私にかかわってくれています。 
ほんとうにほんとうにありがたいです。 
ほんとうにほんとうにうれしいです。 

今日も転校したうちの一人の子が、図書室で 
「あっ!」 
と私に気づいて、自分からにこにこと 
「先生!」 
と、声をかけてくれました。 
「覚えててくれたの?うれしい。ありがとう」 
と伝えたら、 
「うん!」と大きくうなづいてくれました。
「またよろしくね。この学校のこと教えてくれる?」とお願いしたら 
「いいよ」と答えてくれました。 
私が一緒に過ごした頃には低学年だったその子も、あっという間に大きく頼もしくなっていて、 
でも、低学年の頃の雰囲気もそのまま残っていて、なんだかとてもとてもうれしかったです。 

こういう一つ一つのできごとから 
「私は能力がある」 
「○○さんは私の仲間だ」 
と感じ、勇気をもらえているおかげで、がらりといろいろなことが変わっても、このくらいの元気を保てているような気がします。 

やっぱり「所属している」という感覚は人に勇気をくれるんだなと体で感じています。 

「知っている人たち」にくわえて、新しく「知り合った人たち」も、もちろん私に勇気をくれます。 
新たな「居場所」ができることも、それはそれは、うれしくてありがたいことです。 

慣れ親しんだものも、新鮮なものも、たくさんの関係の中で、みんなと一緒に「しあわせ」になれる通り道を探して、毎日楽しんでお仕事をさせていただこうと思います。


【T.M(秋田)2017年4月】

チッチ子ども会議

チッチでは3歳児と2歳児を少人数制で保育をしています。

チッチの保護者はパセージを受けて下さっており、家でも「家族会議」をされています。
昨年から試しに「チッチ子ども会議」をしています。

どれだけできるのか?お試しです。

昨年クリスマス会の劇の「大きなかぶ」の劇の配役をみんなで決めました。

山口ではない先生にお願いしました。

先生「みんな家族会議って知ってる?」

子ども「お父さんがソファですぐ寝るからどうしたらいいか話すること。」
(注)パセージの課題シートで子どもがパパの真似をして困るというのが出ていました(笑)
先生「(笑) あ~よく知っているね」がスタートで話し合いました。

みんな手を挙げてしっかり意見を言ってくれました。

チッチの保育では3月3日お雛祭りは、滋賀里にあるグループホームへみんなでいきます。
高齢者の方々と一年を通して交流しているいる一環です。

今日は「お雛祭りにおばあちゃんの所に行くけれどどんな事をしたら、おばあちゃん喜んでくれるかな? みんなでお話してもいいかな?」でスタートしました。

子どもが「はい!」と手を挙げてくれました。

Aちゃん「みんなでお歌を歌うといいと思います。」

先生「はい、ありがとうございます。Aちゃんはお歌を歌うといいと思うそうです。
ほかにはありますか?」

Bちゃん「家にお雛様の本があるから読むといいと思います。」

等々いっぱいお話が出ました。

4歳になっている子どもはしっかり意見を伝えてくれます。

3歳の子どもも家で家族会議をされているので、しっかり手を挙げてくれますが、
内容はよくわからないこともありますが、先生はしっかりと話を聴きます(笑)

イハイと沢山手が上がった時は、一人を指名し、他のお友達には待ってもらいます。

今はみんなしっかり待てるようにもなりました。

こうして話し合える様になった事をみんなで喜んでいます。

チッチの最近の報告です。

【NPOチッチ代表 山口育子(滋賀)】

アドラー心理学の普及に関して

書籍『嫌われる勇気』がベストセラーになり、「アドラー心理学」の名前が日本中に知れ渡るようになりました。この波に乗らんかなとばかり「アドラー」と名がつけば、なんでもアリというような風潮も見られるようになり、「アドラー家計簿」「アドラーダイエット」「アドラーおかたづけ」など、もう目を覆いたくなるような本も見かけられます。


自助グループにお見えになる方で最初のアドラー心理学との出会いが書籍の『嫌われる勇気』という方々がおられます。本を読んだあと、インターネットで探し回って(それこそたくさん調べたそうです)学会ホームページに辿りついたり、自助グループを見つけてお見えになられました。その後も熱心に自助グループに参加なさるみなさんに共通しているのは「あたたかいものを感じた」「うそがない」「地味だけれどしっかりやってそう」と仰る方が多いように思います。一方で、その後はパッタリという方々もおられます。パッタリ系のみなさんは、パセージ(*)中に貧乏ゆすりをされたり(笑)、「リーダーがこたえを言わない」とイライラされたり「声かけより親側の構え」なんて話がでると、イヤーな顔をされたりなさっていました。


健康法やダイエットでも「これさえやれば」のようなものが流行ったり、二番煎じが出てきては消えの繰り返しの世の中ですが、ここ数年はアドラー心理学がそんな扱いをされていたのかなと思います。自分が楽になるために課題を分離したままにするとか、個人の主体性で(周りへの影響を考えずに)なんでも決めちゃってもいいんだー、そういう心理学あるんだー等と、とても安易にうわべだけの情報を持ち帰り、自分の解釈で実践し、失敗してしまって、別の心理学に飛びつくというのが現在の状況のように思います。


私は、本当にどうしようもなく動物的で競合的なので、アドラー心理学に出会って、マシな人間になるための歩みが始まったと思っています。その歩みは、1人ではないので、こわくないし、楽しいです。一方で仲間と折り合い擦り合う場面も多くあるので、話を聴いたり、妥協案を考えたり、お伝えのしかたを工夫したり、とパセージや講座のテキストを書き写したり、読み返しながら、アドラー心理学の実践を頑張っています。歩みの先には、素晴らしい先輩がおられるので、困った時は下を向かずに、前方の先輩の背中を見て真似たり、懐に飛び込んで直接ご指導いただいています。


健康だって、これさえやればの特効薬はなく、コツコツとした毎日の積み重ねで手に入れることができます。一度、健康について真っ向から向き合った人はそれがわかると思います。アドラー心理学についても同じで、本当に親子関係をなんとかしたい、人々と幸せに暮らしたいと、人生の諸問題に真剣に向き合ってきた人が、アドラー心理学に触れたとき、アドラー心理学の素晴らしさ、実践することの辛さも楽しさもわかるのだと思います。


ですから、正しいアドラー心理学を伝承していくためには、アドラー心理学を触れる(さわれる)場所があること=自助グループが全国各地にあることしかないと思います。そしてその場所で、メンバーが真剣に悩み、考え、意見交換しながら、みんなで成長しあうことを一緒に体験し、その体験をそれぞれの現場に持ち帰り、実践して、いい相互作用が生まれる、そんな場所を1つでも多く増やしていくことかなと思います。


ここ数年で、リーダー養成講座では私を含めて、毎年パセージリーダーが誕生しています。パセージを開いて、自助グループができて、アドラー心理学の伝承する基地局を仲間と一緒に育てながら、私ができることをしていきたいと思います。


もし、「アドラー心理学」ってどんな心理学なの?と興味をもたれた方、本やテレビ、講義からアドラー心理学を知った方は、生の学習グループにおいてください。現場で共に学んでいただけますと、アドラー心理学を「実践する」ことのあたたかさや楽しさをおわかりいただけると思います。健康の素晴らしさが本でわかっても、自分が健康でなければ意味がありません。コツコツと体を動かすことから健康への第一歩が始まります。自助グループはそんな場所です。みなさんと共にコツコツと学んで、アドラー心理学を実践していけたら嬉しいです。ご興味のある方、ぜひお待ちしております。


*パセージ=アドラー心理学にもとづく育児学習プログラム


【岡山恵実  2017年2月28日】
☆:Tさんは、どうして『学び合い』をやろうと思ったのか理由を、聞きたいんだけど?
T:えっとね、新潟総会で『学び合い』の講演をされていた話の中に「その子を変えるのではなくて、周りを変える・・・」とか「一人口は食えないが二人口は食える、・・・そして、小さい子どもの世話は夫婦の両親に頼る・・」、この二つの言葉がヒットしたからなんだ。

☆:どうして?
T:私がやろうとしている目標(願い)と一致しているから。
私の目標は
 1.三世代同居
 2.子どもを変えない(すでに持っている能力を活かす)
この2つです。

☆:へ~ぇ、そうなんだ。Tさんは、そんな願いがあったんだ。
T:うん。西川先生は『親なら知っておきたい学歴の経済学』の本に「昔のライフスタイルへの回帰」について書いているんだけど。

☆:もうちょっと、詳しく教えて?
T:私は「おじいちゃんと、おばあちゃんと、夫婦と子供が同居して暮らす」を26年間実践しています。これって「昔のライフスタイルへの回帰」だよね。

☆:ふ~ん。 
T:「夫婦と子供が同居して暮らす」人も多いよね。

☆:そうそう、
T:その家族構成を「おじいちゃんと、おばあちゃんと、夫婦と子供が同居して暮らす」にシフトしたいと考えているんだ。そうすれば、現在起きている様々な問題が解決する部分があると思うからね。

☆:へぇ~、そんなこと考えてたん?
T:おばあちゃん子だったから、小さい頃に、大正生まれのおばあちゃんに教わったんだ。

☆:どんなこと?
T:例えば親子4人で暮らすのは若い時はいいけど、年をとったら大変だよって。でも、年寄りと3世代で暮らすと、若い時は苦労するけど、年をとったら良いよって。

☆:でもさ、今どき嫁姑の苦労をしようと思うお嫁さんいないじゃないですか?
T:そうそう、

☆:それに、「昔のライフスタイルへの回帰」したら昔風の問題がいっぱい出てくるんじゃないのかな?
T:そうなんだ、だから、今まであんまり声に出さなかったんだけど。でも、

☆:でも、
T:総会の講演会を聞いて、「私と同じことを考えている人がいた!」と思ったんだ。

☆:それで、
T:「その子を変えない」ということろが、自分の考えと一致したんだよ。

☆:「その子を変えない」って、よくわかんないんだけど、もうちょっと教えて?
T:はい、それはね。子どもはすでに能力があるんだよ。

☆:うん、
T:私は就職する子どもの面接指導をやっているんですが、そのとき気づいたことは、その子の能力と相性の良い仕事(会社)をいっしょに探して、そこへ就職してもらえばいいんだってね。そうすれば、離職も少なくなると考えたんだ。でも、

☆:でも?
T:普通は弱点克服といって、できないことを練習して克服しなさい!っていうじゃないか。でもね、私が出会っている子どもたちは、それをさんざんやらされて、「なぜ、できないんだ!」って言われて勇気をくじかれているんだ。

☆:それで、
T:私たちは「子どもは能力を持っていないから教えないといけない」と、小さい頃から習ってきた。

☆:うん、うん。
T:でもね、子どもってよく観察すると、すでに能力を持ってるんだよ。だから、べつに、いまさら「能力をつけさせる」必要はないんだ。もうあるんだから。

☆:えー、ホントに?
T:えっとね、たとえば、対象を高校生ぐらいとしますね。彼らが不適切な行動をするのは、能力を持っていないからだとします。

☆:うん、
T:その時、その子に挨拶の仕方、TPO、〇〇の仕方を教えれば適切な行動ができると考えて教えます。

☆:そうそう、
T:でね、教えてもほとんど効果がないんだよ。

☆:え! そんな、ばかな?
T:やってみて、実際そうだったんだ。本人がやりたいと思っていないから。だから、

☆:だから?
T:その方法を使うよりも「この子には能力が必ずあるんだ」という信念で探す。そうすると見つかるんだね~これが、

☆:見つかると、どうなるの?
T:それをね、相手に伝えるんだ。「あなたは〇〇の能力がある」ってね。

☆:そうすると、どうなるの?
T:たとえば、その子がある行動をしたとします。ある仕事でもいいです。その時「どうして、できるの?」「なぜ、できるの?」と尋ねると、「別に?」とか、「そんなん当たり前」とか、「普通」とか言ったりして、ニヤッとしたりするんだ。

☆:よくわかんない?
T:「なぜ、できないの?」は、その原因を見つけ、それに除去することで「できる」ようするために使う言葉ですが、「どうして、できるの?」、「なぜ、できるの?」は原因がわからなくても、その人は、すでにできるのだから、別に困らないし、そのままほっといてもいい。

☆:そうなの、
T:子どもたちには、自分には「○○の能力」があるとか、こんな長所がある、と気付いてほしいし、その能力を使って「社会の役に立つ人」になってもらいたいんだ。

☆:そうね、
T:友達に、〇〇の能力があるとか、〇〇の長所があるとか、言われたことがあると思うんだけど、どんなことがあった?と聞いてみるとね。

☆:そうすると?
T:「えっと、そういえば、・・・・」と思い出してくれる。それをネタにお話をするの。

☆:ふ~~ん、でもさ、その子の能力がわかんないときはどうするの?
T:教えて?って聞くんです。

☆:え?だれに?
T:だれって、周りにいる子どもたちに決まってるよ。面接指導はパセージのように丸くなってイスに座り5~7人でやります。私は主として面接官役をやります。他の人は面接官役、受験生役をします。

☆:え??? 面接練習って一対一じゃないの?他の人は廊下で待っているんじゃないんだ?
T:違うよ!みんなが同じ場所にいるんだよ。だから、私がわからないときは、パセージで「皆さんどう思われましたか?」って聞くように、周りの子に「ね~、あの子のよいところ、長所、能力って、どんなことかな?」って聞くとね、『〇〇ちゃんの能力はね』と、教えてくれるよ!

☆:え??? 子どもの方が?
T:はい、わたしよりも、的確にいろいろと知っていましたね。私が知らなくても、周りの子どもは知っている。教師一人の力には限界がある。でも、メンバーさんの能力を使って面接練習をすれば『学び合い』授業になっているってことなんだ。

☆:お!『学び合い』に戻ってきましたね。
T:だから『学び合い』をやろうと思ったんだ。

☆:なるほど、お話ありがとうございました。
T:こちらこそ、頭を整理するのに役立ちました。ありがとうございました。


【Y.T(新潟)2017年1月】




学会員のみなさま
保育士、幼稚園教諭、アドラー保育に関心のあるみなさま

このたび、新潟総会の自主研究の時間におきまして
「日本アドラー保育連盟(仮称)」立ち上げの会を無事開催できたことをご報告します。

◆開催までの経緯

昨年の総会で「保育とアドラー心理学」のシンポジウムのメンバーで
「アドラー保育を目指す全国の保育士さんが集う場があるといいね」という話を楽しくしておりました。
ひとまずは総会の自主研究の時間に
保育士、幼稚園教諭、アドラー保育に関心のある方と交流したいと思い開催しました。

◆当日の報告

平成28年10月14日(金)21時から23時に開催しました。
参加人数は21名でした。
大きな流れは以下の通りです。
21:00 開場 お茶やお菓子で歓談・自己紹介
21:30 (仮称) ア保連設立準備会について・今後のア保連の活動について発起人より
21:45「保育とアドラー心理学~保育は協力~」吉田美由紀さんのミニ講演
22:30 講演後のシェアリング と事例検討
23:00 「アドラー育児の歌」合唱・ 閉会 

◆自己紹介の時間では、
お名前のほかに、この会に参加した理由や期待すること、自身と保育とのかかわりなどを
おひとりずつお話していただきました。
また、会には参加していただけなかったですが、
準備会を応援してくださっている全国のアドレリアン保育士の方々のご紹介もしました。

◆今後のアドラー保育連盟の活動について 
当日お話したことを書きます。

ひとまずは、全国の保育士さんや幼稚園教諭、
他アドラー保育に興味のある方と、交流していきたいと思っています。
ゆくゆくは全国的な組織になればと夢は広がっています。
全国規模のアドラー保育士自助グループ活動をイメージしています。
そこでまずは、総会の自主研究の時間を利用して交流したり、事例検討したりしたい。
アドラーネットの保育フォーラムを情報交換、事例検討などに活用して活発にしていきたい。
の活動から始めようと思っています。
来年の滋賀総会に「日本アドラー保育連盟(仮称)」の第1回総会を開きたい。
事務局は佐々木素子が引き受けます。
会長募集中です。推薦でも立候補でも大丈夫です。

このようなことについてお話しました。

◆会長について
総会の間に滋賀の山口育子さんをという推薦をいただき、
ご本人にも了解をいただいております。
1年間ということでお引き受けくださいました。

◆「保育とアドラー心理学~保育は協力~」吉田美由紀さんのミニ講演
準備会にふさわしいお話でした。
アドラー保育の基礎のところを短くまとめてわかりやすくお話してくださいました。

◆講演後のシェアリング と事例検討
講演内容への質問もあり、事例も出してくださったので、
それらについて活発に意見交換がなされました。

開催にあたりまして、
昨年の保育シンポジウムのメンバーのみなさま、
新潟のみなさま、
金沢のみなさま、
滋賀のみなさま、
全国の保育士のみなさまには大変お世話になりました。
準備から応援していただき、当日もたくさんのお役目を担っていただきました。
会も大変盛り上がり、楽しく深く学べました。
本当にありがとうございました。

来年は滋賀で総会が開催されます。
それにあわせて、「日本アドラー保育連盟(仮称)第1回総会」を開催したいと思います。
今後の活動にぜひみなさまご参加ください。
お知り合いの保育士さんにも声をかけていただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

発起人
佐々木素子

家族をとりもどす

今年も、アドラー心理学の第1人者、野田俊作先生の講演会を行うことができた。テーマは、「家族をとりもどす」。

テーマは、とても身近であったが、内容は大変高度で、大所高所からのお話になった。現代は、「家族を取り戻すことが難しい時代になっている」、そのことを国際情勢から説き起こし、さまざまな例を挙げて論証していく。

野田先生のブログから引用すると、

「わかりやすくて、すぐ役に立つ」という聴衆の期待を完全に裏切って、《ニヒリズム=グローバリズム=金融資本主義&共産主義》複合体が必然的に家族を解体していっていること、家族をとりもどそうとするなら、近代文明そのものを克服する必要があることについて、かなり政治的な話をした。 

とのこと。

確かにその通りで、心理学だけに収まらない、社会学、政治学、そして哲学(人の生き方)にまでおよぶ大きな内容であった。

そして、最後の方で、こうやって大きく広く物事を考えながら、実際に日々行うことは、アドラー心理学の地道な実践であることを説いてくださった。

再び、ブログから、

それでも、実際にやることは、デモ行進ではなくて、たとえば夫婦仲良く、親子仲よく暮らしながら、「家族会議」をしっかりやることなどなのだが。

ということなのだ。

家族をとりもどすために、知らなければならないこと、考えなければならないことを広い視野で教えて頂いた。こういう大変な情勢だからこそ、あらためてアドラーの実践をしっかりとしていかなければならないのだと身の引き締まる思いがした。

アンケートを見ると、普段このような話を聞くことがないのでいい機会であったとおおむね好評であった。野田先生はよると、ある程度のお歳になったので、地方でこのような講演会をするのは、今年限りにされると言うお話しであった。最後に、このような大きなお話を聞くことができたのは、大変光栄なことであった。

今回の講演会は、クリニック主催の行事とした。クリニックスタッフが、それぞれに役割分担し、話し合い、準備し、協力し合って会を成功させることができた。これも、「家族をとりもどす」ための小さな一歩なのだろうと思う。


kouennkai (320x240).jpg
http://harutaka213.blog62.fc2.com/
「上藤城物語  はる(はるこどもクリニック院長)の物語」より
【高柳 滋治 2015年8月1日】

フォローアップは魔法の会

今日は福岡でのフォローアップでした。
パセージ受講されたメンバーさんのお友達もご参加くださいました。

パセージの後、久しぶりに参加された方が顔を合わせた瞬間
「最近できてなくって・・・・」
「あ、魔法が切れちゃったのね」
「あ、そうです・・・」
「じゃ、魔法の集会はじめましょう♪」
と、フォローアップが始まりました。

今日は二つのエピソードをみんなで考えました。
まずはロールプレイ。
ロールプレイってスゴイデス。
はじめに話していた時は、忘れていたことも細かく思い出してきて、過ぎ去った日常の出来事がありありと感じられるのです。
簡単なロールプレイですが、見ている私たちもただの観客ではありません。
「子どもの立場になって」その場にいるつもり。

どんなふうに感じ、どんなふうに考え、どうしようと思ったかしら。
みんなおんなじではありません。
一人一人 違います。
子どもはこの出来事から、どんなことを学んだんだろう?

「私は能力あるって感じたかしら?」「居場所があるって感じたかしら?」
「お母さんは仲間だったかしら?」

体が硬くなって、何にも考えられなかった・・・
あれれ、、、、
伝えたいことは伝わってないみたい。

どうしたらいいのかな。
そもそも、みなさんどうしてる?
ワイワイ、話しているうちに
「そんな深刻なことではなかったかしら?」
一人では煮詰まっていたことも、テキスト見ながらみんなで点検していくと絡まった糸がするするとほどけていく、ほどけていく。

あら、こんなにシンプルなことだったのかしら。
次に、同じことが起こったときどう対応しようかな。
今日かえって、どんなふうにしてみようかな。
表情がパッと明るくなります。

パセージってやっぱり魔法かしら?
パセージのテキストを見て、パセージの言葉を使って、話せる仲間って素敵です。
たくさんの適切な側面が見えてきます。
(見えてなかっただけなんですね)
自分の見方のクセってあるんですよね。
自分一人ではどうしていいかわからなくなることも、仲間と話していると発見がたくさんあります。
だから、お稽古なんですね。
スポーツでも習い事でもお稽古をやめると自分の癖にもどっちゃいます。
お習字でもなんでもそうですね。

みなさん、フォローアップ会っていいですよ。

今日、初参加の方が感想をおしえてくださいました。

・ロールプレイして「子どもになって感じてみてくださいね」で子どもになってみたのは初めてです。

子どもになってみて感じたこと考えたことたくさんおっしゃってくださいました。

・こんなに小さな出来事を人に話すことってないし、こんなにみんなで真剣に考えている場は初めてです。
・グループで学んで、何が変わるのかと思ってましたがすごく良かった。

嬉しいです。
そうなんです。日常は、小さな出来事の積み重ねですもの。
むちゃくちゃ真剣にみんなで考えてますよね~~~。

★★★★★★

今日は子どもが家族のためにできること、家族の役に立てることとしてお手伝いの話も出ましたね。「これ、お手伝いして」とこちらからお願いするより、「なにやってみたい?」って自分で選んでもらうっていいね~。


今日夕方、我が家での話です。
テレビを見終わったころ
「ごはん食べるよー 手伝だって~」というと いつも宿題はじめている次男。

兄姉からブーイングも出ているし、私も不適切な行動だなと考えていました。

今日は「たかないため」を味見にきました。(鉛筆を持ってます)
(もう食べるっていうのにまた今ごろから宿題はじめるつもりか←私の心の声)

私「おっ うちの食材を食べつくすつもりですかー」
次男「ウヒヒ... ん?ちょっと味が足りん。 僕が作る方がおいしい」
私「あら、何が足りん?味つけてくれる?任せるよ」
コショウふって、しょうゆ入れて味見しながら「うまい」
私「ゴハンに混ぜて みんなの分よそってくれる?」

喜んでこしょうふったり してゴハンに混ぜたり手伝ってくれました。

食事直前に宿題はじめるという「不適切な行動」をやめさせようとするのではなく
「適切な行動を作りだす」ってこういうことかしら と思いました。

ちょっと幸せな食卓になりました。

フォローアップでみなさんとおしゃべりしたから気づきました。
テキストP12-Rかな。


【森 法子 2015年2月11日】
 2014年度最後の例会、仕事がなかなか終わらず、1時間半遅れの参加となった。急いで会場へ入ると、参加者は3名と少なく、途中からの参加ということもあり、しばらくは話に耳を傾けていた。前回おこなった例会の感想、日々の生活の中で気になっていること、などを話していく中で、心に残った言葉を2つ紹介したいと思う。

 まずは「あなたはアドラー心理学の何を忘れていますか?」という言葉。これは、私が気になる生徒の話をしていたときに問いかけられた言葉である。気になることがあるとついついそのことばかりにとらわれてしまいがちである。そんなときこそこの言葉を思い出し、気になることを客観的に見つめ直すことを忘れてはいけないと思った。

 次にハッとさせられたのは「気ままというレッテルの裏側にあるもの。」という言葉である。この「気まま」という言葉は子どもたちに対してよく使われる。一見「気まま」に見える行動でもその裏側にはその子なりの葛藤、ジレンマ、悩みなどが隠れていることが多い。「気まま」という言葉でひとくくりにするのではなく、その裏側に隠れているものを読み取り、援助していきたいと思った。日々接している中学生、ついつい「中学生ならこれくらい・・・。」と自分の価値判断をもって対応してしまうこともしばしば。挙句の果てには心を成長させる特効薬はないものかなどと考えてしまう。彼らの今の姿が彼らの真実の姿、それを忘れずに現実の彼らと丁寧につきあっていこうと再確認した例会となった。

 「子どものやることには、必ず裏側に悲しい意味がある。ずるさはしかたがない。同時に存している正しい勇気を失うことがいけないのだ。」(坂口安吾)


【K.O (三重)2015年1月】

Re: 京都アドラーグループ例会

 今年初めての例会は、7名のメンバーが参加しました。

 始めに、総会を開きました。まず、代表、副代表、役員などを決めましたが、前年度の役員は留任し、新たに2名が役員に参加することになりました。次に、昨年度の活動報告を行いました。カウンセラーを目指す人が多いこともあって、エピソード分析の実習が多かったこと、会員数が増えたり、飛び込みの参加者もおられたりして、例会参加人数が多く、グループとしても動きやすくなったことなどがよかった点としてあげられました。今年度の活動としては、例会報告をすることを意識すること、などが話し合われました。最後に、会計報告を行って、総会は終了となりました。

 その後は、昨年末に子どもさんとのエピソードを提供していただいたメンバーさんからの報告を伺ったり、ここ1ヶ月の各メンバーで印象に残ったことを話し合いました。私は、年明けに咽頭炎で高熱を出して、週末2日間家で寝込んだときの話をしました。

 普段は、私が家にいるときは、5歳の娘が「食べさせて」とか、「だっこ」とか、(私から見ると、自分でできることをしない、という意味で不適切な行動だと思うこと)をよくしてきて、うっとうしいな、と思うことが時々あり、それで食事や外出時のときに軽い口論になっていました。しかし、私が布団で寝込んでいるとき、妻と娘がどうすごしているか観察していたのですが、普通に楽しそうに2人で会話して、上手に遊んでいて、平和に日常が過ぎていました。娘は私の所にもたまに来ますが、私が疲れるようなことはお願いせず、一緒にすこしゲームをしただけでした。それをみていて、「私が何もしなければ、平和に時が過ぎていると言うことは、、、毒を吐いていたのは、私のほうか。。」「娘も、状況に応じてちゃんと気遣いができるんだ。」という結論に至りました。一応、それに対して、「遊んであげられなくてごめんね」「気を遣ってくれて有り難う」と声をかけたら、娘は黙っていましたが、すこし照れた表情をみせてくれた気がしました。今年は、娘のいいところをもっと観るように心がける、という基本をしっかりと実行することが大切だと思いました。

 まだ、つたない例会報告ですが、何とか、今年は、メンバーで協力し合いながら、例会報告を続けたいと思います。


【H.C(京都) 2015年1月26日】

近畿地方会で学んだこと

先日、第20回(日本アドラー心理学会)近畿地方会に参加しました。初めての参加でしたが、とても楽しく、学び多き時間で、あっという間でした。

「協力的な暮らしってなんだろう」もう一度勇気づけを始めよう、というテーマのもと、ペーパー事例(幼稚園への行き渋り、老いた母との会話、夫の転職)をもとに、この場面で協力的な暮らしだとどうなるかな?と、ディスカッションしたり解答例を学んだりしました。

研究発表では、解答例を
①競合性Down
②協力性Up
に分けて分析されていて、とても分かりやすかったです。

競合性Downというのは、陰性感情をなくすとか、不適切な行動に注目しない(適切な側面に注目する)、相手の話を聴くなど、パセージで目指す基本のキ!

一方、②協力性Upというのは、①に加えて、選択肢を提示する(選択できないことも含む)、責任、貢献、尊敬、感謝を伝える。相手(みんな)のために私のできることをする。など、積極的に「協力的な暮らし」へと援助することでした。

解答例を(アドラー心理学会認定)カウンセラーと、カウンセラー以外に分けて分析した結果、カウンセラーの解答は、カウンセラー以外の解答よりも②協力性Upが多いという発表でした。

「なるほど!やっぱりすごいなぁ!!」と感心しました。私自身、ようやく①競合性Downが出来てきたばかりで、まだまだ②協力性Upが出来ていません。たとえば、幼稚園への行き渋りの事例でも、「責任を果たし貢献して生きる子どもに育てよう」というビジョンが欠けていました。

また、パネリストのみなさんの「相手を裁くのではなく、みんなが幸せになるにはどうしたらいいかな?と考えること。」「ちょっとだけしんどいかもしれないけれど、ちょっとだけ努力して、ちょっとだけプラスの何かをしてみよう。」という言葉に、大きな勇気を頂ききました。

私も、ちょっとだけプラスの何かをして、協力的な暮らしに変わっていけたらと思います。

まだまだ、勉強することが沢山あるアドラー心理学。嬉しいなぁ~!やりがいがあるなぁ~!と感じた一日でした。


【日浦 知子 2014年9月7日】